妊娠線クリーム ドラッグストア ボディローション

妊娠や出産の喜びとは裏腹に、お腹が大きくなるにつれて妊娠線が気になるという方は多いのではないでしょうか。ケアを始めたいと思う方へ、妊娠線クリームと、ドラッグストアのボディローションはどこが違うのかを解説します。
MENU

妊娠線クリームはドラッグストアのボディローションで代用できる?

 

妊娠線は、妊娠、出産を経験した女性なら誰もが気になるもの。

 

お腹が大きくなり始めたらすぐにケアを開始する人もいれば
赤ちゃんへの影響が心配で全くケアはしないという方もいます。

 

妊娠線を予防する対策として、一般的なのが、妊娠線クリームの使用。
専用のクリームなので、お肌への優しさや、保湿力などには非常に優れているものがほとんどです。

 

一般的な保湿クリームに比べると価格は若干高額。
おまけに、お腹に塗るので、消費量も半端ではないのが難点です。

 

実は、妊娠線クリームは、ドラッグストアのボディローションでも代用できるのです。

 

ドラッグストアのボディローションを選ぶ時のポイントは、ローションといっても
油分がしっかり配合されているしっとりしたものを選ぶこと
そして肌に馴染みやすい成分が入っているものを選ぶことです。

 

セラミドという成分は、私たちの細胞や角質層を満たしている成分です。
外から補っても、肌に吸収されやすく、保湿力が非常に高いのが特徴と言われています。

 

化粧品にも配合されており、乾燥肌や敏感肌の救世主ですね。
この保湿成分はもちろん、妊娠線の予防にも十分役に立ちます。

 

欲を言えば、ボディローションよも、クリームや乳液のようなこってりとしたテクスチャーのものがベスト。
選び方によっては、妊娠線クリームではなくても、十分にケアできますよ。


このページの先頭へ